​ごあいさつ

 新型コロナウイルス感染拡大により影響を受けられた皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。
  EDO ART EXPO実行委員会では、新型コロナウイルス禍の大変な時期においても日本の伝統や文化・芸術に関わる活動が途絶えることのないよう、本年度も「EDO ART EXPO」と「東京都の児童・生徒による“江戸”書道展」を開催いたします。
 これらの事業は、中央区、千代田区、港区、墨田区の名店、企業、ホテル、神社仏閣や文化・観光施設など、既存の施設がパビリオン(会場)になり、協力して催す毎秋の一大イベントです。会期中は各パビリオン(会場)で十分な感染防止対策を実施しながら、講演会やラリーなども行い楽しく充実した19日間をご提供できるよう努めてまいります。
 本展を開催するにあたり、ご協力を賜りました関係各位の皆さまに、深甚なる感謝とお礼を申し上げます。

2020年9月吉日 

NPO法人東京中央ネット 理事長   細田 眞

NPO法人東京中央ネット EDO ART EXPO 担当理事 山本 德治郎

EDO ART EXPO 実行委員会 委員長   中村 裕

EDO ART EXPO 総合プロデューサー​​  山田晃子

​ 

主催 NPO法人 東京中央ネット

後援 東京都、中央区、千代田区、港区、墨田区

共催 (株)榮太樓總本鋪(株)千疋屋総本店(株)タナチョー(株)にんべん(株)ヤマダクリエイティブ(株)山本海苔店(株)ロイヤルパークホテル

協賛 (有)青木よせもの店相田みつを美術館、(株)東あられ本鋪、(株)アートプリントジャパンアプロス(株)、(株)池袋松屋、(株)伊場仙、(株)江戸屋、(株)奥野かるた店神田神社、(株)建設技術研究所国産化学(株)、コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーションコレド日本橋サギヌマスイミングクラブ、(株)サプル芝神明榮太樓清水建設(株)、(有)下野重三郎商店、(株)新正堂、(株)ストックボイス、(株)セントラルエステート東急不動産(株)、東京シティ・エアターミナル(株)、東京商工会議所中央支部東京中央大通会東京都印刷工業組合日本橋支部東京ベイネットワーク(株)、(株)常磐植物化学研究所、(財)德川記念財団日本橋菓房(株)/国分グループ本社(株)、(一社)日本橋倶楽部日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会日本橋海苔店、(公社)日本橋法人会、(株)人形町今半、(株)ネオ・コミニケーションズ野村不動産(株)、日枝神社平和不動産(株)、(株)細田協佑社松井建設(株)、松井証券(株)、(株)みずほ銀行、(株)三井住友銀行日本橋支店三井住友建設(株)、三井不動産(株)、(株)三菱UFJ銀行港区観光協会名橋「日本橋」保存会八重洲地下街(株)、(株)山田書店   ほか

協力 出光美術館伊場仙まちかど展示館江戸屋まちかど展示館、(株)エム・エス・ビルサポートCAFE SALVADOR BUSINESS SALON割烹 嶋村江東区深川江戸資料館すみだ北斎美術館増上寺、(株)たいめいけん、(株)髙島屋凧の博物館中央区立郷土天文館「タイムドーム明石」、(一社)千代田区観光協会千代田区立日比谷図書文化館ツドヱド、(株)東京国際フォーラム東京シティアイ、(公財)東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館東武ホテルレバント東京ときわ総合サービス(株)、バンセイ(株)、フォーラム・アート・ショップ室町ボンクール三井記念美術館三井不動産商業マネジメント(株)、三井不動産レジデンシャル(株)、矢の根寿司、(有)ライズ   ほか

EDO ART EXPO / 東京都の児童・生徒による“江戸”書道展とは…

 NPO法人 東京中央ネットではEDO ART EXPO実行委員会を立ち上げ「EDO ART EXPO/東京都の児童・生徒による“江戸”書道展」を毎秋に開催してまいりました。これらの事業は新たにパビリオンを建てずに、東京都中央、千代田、港、墨田区の名店、企業、ホテル、神社仏閣や文化・観光施設などの既存の施設がパビリオン(会場)となり、江戸から続く伝統や文化、芸術を紹介する一大イベントです。
第13回EDO ART EXPOでは「美しき浮世絵の女性たち」をテーマに、都心4区のパビリオン(会場)に浮世絵などを展示する「浮世絵展示会場」と「江戸」に関わる所蔵品を有する美術館、博物館、大学などの「関連展示会場」が幅広く連携します。
同時に開催する江戸書道展は、「江戸から連想する言葉」を題材に公募を行い、入選作品は、会期中にパビリオン(会場)での展示と、公式ホームページにも「ネット展示」を行います。入選者には、EDO ART EXPO賞、相田みつを美術館館長賞、スポンサー企業からの企業賞(賞品)を授与します。
 会期中には、多彩なイベントや講演、名店、企業による各種ラリー(スタンプ版浮世絵ラリー・S&Nラリー・ARTラリー)、店舗フェアなど多種多様に展開し、楽しく充実した19日間をご提供します。
また、継続事業の東北支援プロジェクト「復興支援市」を実施することで震災の記憶を風化させることなく、未だ復興の遅れを余議なくされている地域への支援を続ける予定です。
 本事業は、都心4区が連携、恊働して、独自の地域観光資源を活用しながら新たな付加価値を創造することで来訪者の広域な回遊を促し、魅力ある国際観光都市としての賑わいの創出と地域経済の活性化、日本の伝統文化の継承と普及に寄与することを目的としています。

※グレーの打消し線を引いてある箇所は、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、本年度は変更または中止しました。今後も事業の内容及びスケジュールが一部変更になる場合がございますのでご了承ください。

浮世絵展示

第13回 EDO ART EXPO は「美しき浮世絵の女性たち」をテーマに、喜多川歌麿、鈴木春信、鳥居清長らの美人画を中心にした浮世絵を展示します。2020年9月25日から10月13日までの会期中は、名店、企業、ホテル、神社仏閣や文化・観光施設など既存の建物が浮世絵展示パビリオン(会場)となり開催いたします。

関連展示

「江戸の美意識」にかかわる所蔵作品を有する美術館、博物館などが「関連展示パビリオン(会場)」として連携します。

​●企画展・特別コレクション

EDO ART EXPOの開催を記念して一部の関連展示パビリオン(会場)では、メインテーマ「江戸の美意識」を主題に企画展の開催や特別コレクションを公開します。

「江戸から連想する言葉」を題材に、東京都の児童・生徒から公募した書道の中から、「EDO ART EXPO賞」「相田みつを美術館館長賞」をはじめ、各企業賞(賞品)の入選作品をEDO ART EXPOの一部のパビリオン(会場)で展示します。

会期中には、素敵なプレゼントが当たるS&Nラリー、割引きや優待が受けられる店舗フェアを行います。

多彩な企画で江戸の魅力にふれてください。

浮世絵展示【ネット展示】

「美しき浮世絵の女性たち」をテーマに、喜多川歌麿、鈴木春信、鳥居清長らの美人画を中心にした浮世絵をWEB上で「ネット展示」します。

​●江戸書道展【ネット展示】

「江戸から連想する言葉」を題材に、東京都の児童・生徒から公募した書道の中から、「EDO ART EXPO賞」「相田みつを美術館館長賞」をはじめ、各企業賞(賞品)の入選作品をWEB上で「ネット展示」します。

2019年開催のようす

第12回EDO ART EXPO/第8回“江戸”書道展記録

2018年開催のようす

第11回EDO ART EXPO/第7回“江戸”書道展記録

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now